少女小説とSF | 日本SF作家クラブ, 嵯峨 景子編 (20230403読んだ)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

71C813S8KIL._SL1427_.jpg日本SF作家クラブ, 嵯峨 景子編の少女小説とSFを読みましたよ




タイトルの通りSFの少女小説を集めたもの。おそらく全編書き下ろしなんじゃないかと。
全体的にハードなSFではなく、ライトな感じのSFなので読みやすい。
確かに少年少女向けの小説というのはいろんなジャンルを取り込んでましたよね。

なかでも新井素子の「この日、あたしは」なんかは「くますけと一緒に」をSFに昇華させた雰囲気で、流石上手いなぁと言う感じ。
あと辻村七子の「或る恋人達の話」は時勢によってコロコロ変わる世論に追従するため自分たちの性別を変えても恋人であろうとする姿勢が現代的なSFですごい。



29501-2901-c2ac884abbad206dafedb30820ece7c8-508x666.jpg「東西で戦っちゃう寄席」~コーナーでバトっちゃうじゃん。勝てばなんと⁉ ネタもするで~を見に有楽町よみうりホールへ。



本来行く予定だった知人が体調不良のため、急遽本番直前の別の知人を誘い観覧。
会場について、知人を待っていると大きな人が来た!と思ったらビスケットブラザーズの原田氏でした。この会場って出演者も表から入るしか無いんですかね?

と言う話はさておき、ゲームコーナーはコーナーごとにスポンサーが付いていてその商品についてのゲームを行うという、だからチケット安めなのか...と思いました。
ネタはみなさん面白くて、特にネタの1発目暗転して前の席から笑い声が聞こえて?と思っていたら、明転したらスケットブラザーズの原田氏が半裸で登場というわかりやすいインパクト。
あとさや香、ネルソンズもやっぱり上手いなー、と。

同行してくれた知人はお笑いライブ初めてらしく(僕もそんなに見ている方ではないですが)楽しんでもらえたようなのでなにより。



定年物語 | 新井 素子 (20240315読んだ)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

81MGHo5QJxL._SL1500_.jpg新井素子の定年物語を読みましたよ。




僕らが高校時代に読んでいた、結婚物語、新婚物語がまさかここまで長いシリーズになるとはねぇ。と言う感慨深さしか無いのです。(でも数はそんなにない)
内容としては、タイトル通り定年退職した旦那と主人公の日常。

相変わらずの新井素子らしいちょっとずれている感覚(スマートフォンの操作が、とかQRコードがみたいなところ)は健在で、"この感覚あっての作家なんだな"と感心。

次出るんでしょうかね?



名称未設定ファイル | 品田遊 (20240320読んだ)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

81pfA3hoRwL._SL1500_.jpg品田遊の名称未設定ファイルを読みましたよ


名称未設定ファイルと言う名の通りPCにファイル名をつけずに保存していた素材のような短い文章がとんとんとんと並んでいる本。
この作者の発想とか文体とか好きなのですが、その頭の中を覗いた感じになって面白い。
短編集というよりはショートショートの感じなんでしょうかね?ほとんどの話でオチが強烈で笑っちゃいます。

この中で僕が好きなのは、ありそうな雰囲気だけど無いであろう「亀ヶ谷憲久の動向を見守るスレ part2836」、筒井康隆的なドタバタの「有名人」、最後にすとんとオチがある「カスタマーサポート」。



黒猫の三角 Delta in the Darkness | 森博嗣 (20240330読んだ)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

71E92gML5lL._SL1155_.jpg森博嗣の黒猫の三角 Delta in the Darknessを読みましたよ



ミステリーなので色々と書くのもあれなんですが。まさかの犯人。
いや、途中でおかしいと思ったんですよ。〇〇が途中でXXに変わったのなんで?と思っていたんですが。まさかねぇ。
叙述トリックになるんじゃないかと思うんですが、どうでしょう?

こうやってこの人の本にはまっていってしまうんでしょうね...



CRCK/LCKS Billboard Live (20240327見た)

712rqiBUtOL._AC_SL1024_.jpgCRCK/LCKS Billboard Liveを見にビルボードライブ横浜に行ってきましたよ。



3月の頭にも行ったばかりのビルボードライブ横浜ですが、先日WEBサイトのスケジュールを見ていたらCRCK/LCKSのライブを発見。勢いでチケット取ってみました。
数年前、小田朋美がFinal Spank Happyに参加してからその流れでCRCK/LCKSを聞くようになったのですが、メンバーが手練れでジャズの人ばかりなのになぜか曲はポップスと言う辺りが僕のツボなんじゃないかと。
ライブを見ていて気づいたのですが小田さんの発声はもしかしたら原緑さんと似ているのではないかと、Final Spank Happyを聞いたときには特に感じなかったのですが、ライブではあれ?似てるかもと言う感じでした。

今回2階のカジュアルエリアから拝見していたのですが、曲の変わり目はもちろん曲中も皆さん足元でガチャガチャとエフェクトを切り替えているのが面白い。(見る所が変)
それと小西さんが使っていたボコーダーのときのあのコントローラーはなんだったのかなー。あとアタックが弱いハモンドオルガンみたいなシンセの音あれ好き。

ちなみにライブで一番好きだった曲は「O.K.」ですかね。歌詞に三鷹出てくるし。

写真は総総|CRCK/LCKS



海がきこえる | 氷室冴子 (20240315読んだ)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

718tkyK9y7L._SL1500_.jpg氷室冴子の海がきこえるを読みましたよ。




先日Kindleのページで割引されていたのを見つけて、"そう言えば、アニメも見てないし、小説も読んでない"と思って読むことに。
90年頃の作品なので、未成年の飲酒関係の表現が緩かったりとかして時代だなぁと思ったりするんですが、僕の学生時代とタイミング的にはあっているので読んでいていわかりやすい。
里伽子の思春期に都会から地方に引っ越しをして、モヤッとしたまま過ごす感じはなんか好きです。

僕が思っていた氷室冴子とはちょっと違う文体で、でも登場人物の感じは氷室冴子!と言う感じでした。



法治の獣 | 春暮康一 (20240310読んだ)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

81dQ0JGmWOL._SL1500_.jpg春暮 康一の法治の獣を読みましたよ。




2022年のSF界隈でとても話題になっていた作品で、Amazonで見かけてしまったので購入。

短編が3本収められていて、どれも宇宙での地球外生命体との話なのですが、表題作の「法治の獣」はなかなか一筋縄ではいかない。
なぜか本能で法治している生物がいる星でその生物の法律(?)をそのまま人間に適用しても行けるんじゃない?という実験都市の話。
自分で書いていても何を言っているかわかりませんが(笑)その発想が面白い、とお伝えしたいのです。



NakamuraEmi Billboard Live 2024 YOKOHAMA-OSAKA (20240305見た)

91H-QhgYVdS._AC_SL1500_.jpgNakamuraEmi Billboard Live 2024 YOKOHAMA-OSAKAを見にBillboard Live YOKOHAMAに行ってきましたよ。




お誘いをいただき、昨年の8月に引き続きのNakamuraEmiさんですが、今回はバンドセットで
Vo.NakamuraEmi
Gt.カワムラヒロシ
Ba.SOKUSAI
Dr.TOMO KANNO
な編成。

昨年見に行ってからちょいちょい聞くようになったので、"これ知ってる!"と言う曲が増えていてそうなるとより楽しめる感じです。
更に今回はバンドセットだったので曲のメリハリもより強く出ていて好きです、僕。
それとやっぱりリズムの音が大きめなので、声も張る感じになるのでそれも良いですよね。

写真は"ご飯はかために炊く"が収録されている Momi | NakamuraEmi ですね



キングジム Boogie Board(papery)BB-18M-S2A (20240319買った)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

bb18_im12.jpgキングジム Boogie Board(papery)BB-18M-S2Aを買いましたよ。



仕事中にちょっとだけメモしておきたい、という事がちょいちょいあってそのたびに紙とかポストイットにメモして捨てて、というのがなかなか面倒だなぁと常々思っていたのです。
そんなときに見つけた初代のブギーボードを2010年に買って便利に使っていた( https://www.omaken.com/mt/2010/12/improv-electronics-boogie-boar.html )のですが、これがまた電池交換できず、使い捨て(とは言えスペック上は50,000回消せたらしい)で捨ててしまい、その後はまた紙とポストイットの生活に戻っていたわけです。

で最近この記事 ( https://ascii.jp/elem/000/004/189/4189362/ )を読んだら、最新のやつがなかなか良さそうなのでぽちっと。
初代のブギーボードのイメージがあったので、このフニャフニャのシートのどこに電池が入っているの?そして電池は交換できるの?とか思っていたんです。届いて見てみたらスタイラスの方に電池が入っていて、消すときだけスタイラスの後ろで通電させるっていう方式に変わっていたんですね...
確かに電池のためにサイズを犠牲にすることもないし合理的だなぁ、と。

[好きなところ]
・メモがいらなくなっても捨てることを考えなくていい
・アプリがあって取り込める

[好きじゃないところ]
・スタイラスがないと消せない

2010年の頃はまだスマートフォン黎明期(iPhone4の時代)だったので、書いたデータをUSBで吸い出せたり、SDカードに書き出せるとメモが再利用できるのにねぇ、とか思っていましたが今はスマートフォンにアプリを入れて撮影、処理すればいいだけなんでなんか隔世の感があります。(似た様なケースにホワイトボードのプリント機能がありますが)

これUSのKent Displaysが開発している商品で、そっちのサイト( https://myboogieboard.com )を見てみたら更に面白そうな商品があってなんか羨ましい。(ただの文具マニア)

いくるんYahoo!ショッピング店で¥4921-(¥886-相当ポイントバック)