犬王(20220531見た)

61K7GaEQI5L._AC_SL1417_.jpg映画"犬王"を見に行ってきましたよ。



湯浅監督は2004年に"マインド・ゲーム"を見て「これは、相当イカれた人が作ってる...」と思って、それ以降気にはなっていました。
その湯浅節全開のすごい映画でしたよ。

ミュージカルアニメなので音楽がすごくて、見てるときには「これはちょっと音楽が只者ではないな」と思っていたのですが、エンドロールを見たら大友良英でした。納得。で歌も上手いし、芝居も結構上手いし誰?と思ったらアヴちゃん(女王蜂)と森山未來で納得。

でもってキャラクータデザインも松本大洋だったのですが、見終わって家に帰って知った僕で、全然気づかなくて衝撃受けました。
だって、いつもの絵の感じがかなり抑えられているし、動きが湯浅監督の動きだったのでわからないのです。(個人的な感想です)

ストーリー的には途中犬王の設定が明らかになるにつれ「もしやこれは"どろろ"?」と思ったら最終的には全然違うところに落ち着きました。
ちなみに犬王自体は実在の人物だった、ということを今知った僕です。南北朝時代の予習をしておくと更に楽しめるかもしれません

あ、エンドロールでイトケンの名前もあって、活躍してんなーと、そんなことも思いました。