レプリカたちの夜|一條 次郎 (20200901読んだ)

71S1BzPo-6L.jpg一條 次郎のレプリカたちの夜を読みましたよ。


たまには本屋でも覗こうと寄ってみたら、伊坂幸太郎氏が帯の推薦文を書いていてこの白熊の表紙ですからそりゃ買うでしょってことで購入。

内容はシンプルに言うと北野勇作的な不思議世界なので、この世界が好きな人はすごい楽しめると思うのですが、受け入れられない人には辛い(笑)本なのではないかと思います。
ミステリー要素もちょっとあってそのオチも"まさか"というか"そこに落ち着くよねぇ"と言った感じです。

なんかまだまだ面白い本を書く人はたくさんいるなぁという本です。