さあ、気ちがいになりなさい|フレドリック ブラウン(20210228読んだ)

41ON8c55lAL.jpgフレドリック ブラウンのさあ、気ちがいになりなさい


タイトルすげーと思って読んでみました。
そもそもフレドリック ブラウンさん1906年-1972年の方なので、SFとして古典に入る人ですね。
なので中身もザ・SFという感じのものが多かったりして結構好きなのですが
「電獣ヴァヴェリ」の静かな終わり方とか、「ノック」の後の星新一に繋がる感じは好きです。

というか、この本星新一訳でした。