ダブルトーン | 梶尾真治 (20210125読んだ)

71NTmOgXRRL.jpg梶尾真治のダブルトーンを読みましたよ。



タイムトリップもののSFといえば梶尾真治さんだなあ、といつも読むたびに思うのですが、これは厳密にはタイムトリップではなく雑に言っちゃうと「きみの名は」的な、時間がずれた人と記憶を共有するという話。
こっちは、ミステリーと言うか犯人探しの要素が多いので、最終的な感想はぜんぜん違う感じです。

それにしても梶尾真治さんは熊本にお住まいなのもあって舞台の熊本はちょいちょい知っている地名とかでてくるので、うほってなります。