創竜伝 15<旅立つ日まで> | 田中芳樹 (20201227読んだ)

51lfOh8ylnL._SX301_BO1,204,203,200_.jpg遂に終わった最終巻創竜伝15<旅立つ日まで>を読みましたよ。


Wiki( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E7%AB%9C%E4%BC%9D )を見ていただくとわかるように、8巻までは年に1-2冊のペースで出版されていて、その後は2-3年に一冊という感じになり、2003年の13巻を最後に2019年の14巻まで止まっていたため、ほとんどの人が忘れかけていたのではないかと思われます。

とそんな事情はさておき、15巻はいろんな伏線の回収という感じでストーリーが進んで行くのですが、僕の中では特にあの人がまさかあんな・・・、というところが最大のポイントです。
最終的にはサブタイトルのとおりです。でもまさかの旅立ち方です。

と、内容については楽しみにしている人もいると思うので、ここまでにして。

それにしても学校の図書館で暇つぶしに手にとった1巻(実は僕が読んだ1巻はまだ1というナンバリングがされていなかったので、1冊で完結すると思っていた)が30年以上経ってから完結するとは思いませんでしたよ。

現時点では14-5巻以外は新品で買えないので、読み直したい方は電子書籍でどうぞ。
(でも電子書籍版はあとがきがないので、それ楽しみの方は中古を探してください)