飢えなかった男|小松左京 (20200614読んだ)

512kWCWPveL.jpg小松左京の飢えなかった男を読みましたよ


これ読み始めて実はほとんど読んだことあるかもしれない事に気づいたのですが
同じ作家の人を何年もかけて手当たりしだいに読んでればそういうこともあるよね、と思ってあきらめました。

前半はSFっぽいSFで、後半は歌や落語など古典芸能をベースにしたSFになっていて、僕はどちらかというと前半が好きなのですが、後半の方は落語や芸者の世界を細かく描写しながら話が進むのでなかなか勉強になります。

まぁこの中でいちばんすきなのは「騒霊時代」ですかね、結構シンプルなどたばたっぽい雰囲気もありつつ、「騒霊エネルギー」という馬鹿らしい発見(発明?)が好き。