SOSの猿|伊坂幸太郎 (20200322読んだ))

61JZ-WXJVHL.jpg伊坂幸太郎のSOSの猿読みました。


システム部門のQAの人と悪魔祓いを頼まれた人の2つのストーリーがバラバラに進んでいって最後一つの着地を、と思いきや時間軸のズレとか予言とか絡んできて、まぁ言ってしまえば「君の名は」みたいなもんか(適当)

ストーリー全体に西遊記(孫悟空)が絡んできてそれがまたコミカルな味を醸しているのと、それに合わせて主人公の二人もコミカルな動きを始めるというのが結構好き。

いやーでもこのオチは思いつかないですよ、なかなか。
そして五十嵐大介のSARUともリンクしているのですが、こっちは今読んでる途中。