羊と鋼の森|宮下 奈都 (20180506読んだ)

612WOE0TInL.jpg宮下 奈都の羊と鋼の森読みましたよ。


実は"ピアノのムシ"(http://houbunsha.co.jp/comics/detail.php?p=%A5%D4%A5%A2%A5%CE%A4%CE%A5%E0%A5%B7)という漫画をここ数年愛読している僕なので、調律師小説!!だったらぜひ読まねばってのと、安くなっていたので読むことに。
ざっくりいうと、ピアノに全く触れることのなかった少年が、調律師との出会いから専門学校に行って調律師になるという話で、同じ楽器屋で働く人、お客さんとの触れ合いを通して主人公が成長していくっていう、あ、こう書くと身もふたもないな。

それにしても本屋大賞で選ばれる本ってなんでこんなよみ口なんでしょうかね?
山崎賢人で実写化するんだろうなぁと思ったら本当にするっていう。

"豪華出演陣で映画完成!外村青年を山崎賢人、憧れの調律師・板鳥を三浦友和、先輩調律師・柳を鈴木亮平、ピアニストの姉妹を上白石萌音、萌歌が演じています。2018年6月8日公開。"

いやいやいや、本当。