僕の光り輝く世界|山本弘 (20180901読んだ)

71nqCL9mOgL.jpg山本弘の僕の光り輝く世界


この人SFが多い人なのですが、この本はミステリーです。
とはいえ、あまり人は死なないので安心して読めるかと。
で、連作短編の体裁で、1話目からすごいオチと言うか展開で椅子から落ちそうになるのですが、ある意味叙述ミステリーということでいいんですかね?これ。

しかし、この本をザクッと紹介してしまうと、"事故によって障害をおってしまった高校生が、その障害に負けること無く生きていく"という、24時間テレビのドラマにでもなりそうなあらすじですが、そんなシンプルな話ではないです。
それより全然面白いです。



61l0MwI0pXL.jpg栗本薫・中島梓傑作電子全集5・6を読みましたよ.


ここに来て栗本薫全集が進んでるみたいで、僕が若い頃に読んでその後入手できなかった
・新・魔界水滸伝
・白銀の神話
が読める様になったわけです。

新・魔界水滸伝はやっとプロローグが終わったというところで書くのをやめているのでちょっと残念。これ続いていたら結構面白かっただろうなぁと思うわけで。
とはいえプロローグだけで文庫4冊ってそれはどうなのよという話もあったりするわけですが。
それに引き換え白銀の神話はきっちり終わっていますが、昔読んだときも"おいおい"と思っていましたが、エログロからのBLへの流れがなんともすごい。そういうのがお好きな人にはおすすめです。

これ実は4-5冊分のボリュームなので、かなりお得です。