息吹|テッド・チャン (20220422読んだ)

61HrU9tIYTL.jpgテッド・チャンの息吹を読みましたよ。



テッド・チャンって誰?とお思いの方も多いと思いますが、2017年公開の映画「メッセージ」の原作者なのです。
なのですが、この本はなんと17年ぶりの本らしく、いくら専業作家じゃないとは言っても寡作すぎやしないか?と思います。

という話はさておき、前作の「あなたの人生の物語」を読んだときに"結構読みにくいなぁ"というイメージがあって、本自体買ってはいたもののなかなか読み出すことが出来なかったのですが、読み始めたら思いの外スルスルと読めたので拍子抜けしました。
「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」「不安は自由のめまい」が結構好きで、「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」は"利用しているサービスが停止してしまったら、その後どうなるの?"という、今でもインターネットではよくありがちな問題をAIも含めてどんどん拡張したもので、最後すとんと終わるので衝撃。「不安は自由のめまい」はパラレルワールドものだけど全然新しいという不思議。