本と鍵の季節|米澤穂信(20210818読んだ)

71mPq3FOYlS.jpg米澤穂信の本と鍵の季節を読みましたよ


高校生男子二人組が様々な謎を解く、というとそういう(どういう?)展開を期待される方もいるとは思いますが、極めて健全な推理モノ。
推理とは言っても、殺人事件は無く、暗号を解いたり、なくしたものを探したりという感じなのですが、もとをたどっていくとドロドロとした話だったりするところが、作者の他のシリーズとは違うところなのかも。

ちょーっと終わり方からするとシリーズ化は難しいかもしれないのですが、もうちょっとこの二人の活躍を読んでみたいなぁと思います。