いまさら翼といわれても|米澤穂信(20190717読んだ)

71Yk9OCPjoL.jpg米澤穂信のいまさら翼といわれても



kindle版だと"「古典部」シリーズ"とタイトルに入っていてモヤっとするのですが、古典部シリーズなのです。

完全に短編集になっていて、折木奉太郎が出てこない話も入っていたりします。
いつものように高校生の4人組がいろいろ青春っぽく悩みつついろんな事件を解決していくのがわかりやすくて読むのをやめられないのですよね。

中でもヘリコプターの話結構好きです。それと表題のいまさら翼といわれてもってのが、まさかセリフだとは思わなかった。実際の会話でこれを言う高校生がいたらちょっと引きますが。