「古本 海ねこ 古書目録 第5号」校了ー(08/21 17:36)


半年間の苦闘が終了しました。
「苦闘」といっても、まあ、人様から見たら、なんというほどのこともないでしょう。
本当に努力している人にはお詫びしたくなるような、ささやかすぎる"苦闘"かもしれません。

ただ、目録を作ったことがある人なら、きっと多少なりとも想像はつくと思いますが、
まあ、目録1冊作るというのは、そう楽なことではなく。
号を重ねるにつけ、ずっとレベルの高い目録を作り続けている他店を心底尊敬するようになります。

なにしろまあ。

●本がなかなか集まらない
    ↓
●市場に通い続けて、いざ、これだという本が出てきたとき、他店に競り負ける
    ↓
●ときには競り勝つこともあれど、もれなく支払いが追いかけてくる
 払っても払っても、また払わなければならないループ
    ↓
●困った困った、とほざいていたら、お客様に救いの手を伸ばしていただき恐縮する。恐縮しつつも、大変有り難い
    ↓
●雨の日も風の日も、猛暑の日も、ひたすら入力の日々が続く
 本当にこれでいいのか、と不安になってくる。自問自答しながらも進むしかないループ
    ↓
●お粗末なレイアウトのまま、目録4号まで来たもののの、
 友人デザイナーさんからの「デザイン考えたらもっと良くなると思う」との天使のような囁きに
 しがみつかせていただく
    ↓
●おかげさまで、事務所の案内、イベントのお知らせ、応募方法など、非常にわかりやすくなった
 デザインの力を思い知らされました
    ↓
●表紙はおなじみ、海ねこちゃん。poppetさんに産み出していただきました
    ↓
●とても不思議で素敵な表紙、と、そこの部分は自画自賛になるかもしれませんが、ちょっとだけ言っておきたい
    ↓
●これまでギリギリまで入力して、直しが多すぎて毎度印刷所にご面倒をおかけしてきたため、
 今回は校正の時間を比較的たっぷりとった
    ↓
●それでも、なにしろ冊数が多い。なにしろ、データ量が多い
 見ても見ても見ても見ても、誤字脱字が見つかり続けるループ
    ↓
●それでも、どこかで校了としないと発行できなくなってしまう

 2012年8月21日、校了。

 なにぶん偏った内容の目録ゆえ、お好みにあうかあわないか、非常に分かれるところだと思います。

 何度もお付き合いさせていただくと、その方のお好みは少しずつわかってくるのですが、
 今回の選書にはがっかりされる方もいらっしゃることと思います。今からお詫びしておきます、大変申し訳ありません。
 とりあえず、今の時点でご紹介できるものはすべて盛り込みました。
 選書の偏り、データの間違いなども含めまして、不備な点も多々あるかとは存じますが、宜しくお願い申し上げます。
 発行は来週の予定ですので、続報は追ってまた。

 他店とともに9月14日・15日にイベントも予定しております。
 目録発行後、現物をご覧になりたい方には当方事務所でご覧いただくことも可能です。
 ご注文いただきました商品は、イベント会場においてお渡ししますことも可能です(万一、ご注文が重複しました場合は恐縮ながら抽選とさせていただきます)。
 イベント情報も追ってご案内申し上げます。

 さて、本日の梱包・発送にかからねば。
 また、一から集書に励まないとなりませぬ。ループは続くよ、どこまでも♪

<画像:NO.5_Ssize.jpg>

 デザイン・gould


コメント(2)
最近コメント一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.25