ピアノ弾き即興人生|山下洋輔(20171230読んだ)

61j7KBS+NTL._SY346_.jpg

山下洋輔のピアノ弾き即興人生読みましたよ。

いやね、先日飲んでいるときに"山下洋輔ってやっぱり本、面白いですよね。"という話でなぜか盛り上がったのですが。やっぱり面白い。
で、この本はいろんなところに書いた短い文章をまとめた本という感じなのですが、多方面にわたっていろんな話が書かれているので飽きないし、日本の近代ジャズ史がわかるようになっていて面白い。
後は筒井康隆との交流とか、仙波山は矢野顕子の"あんたがたどこさ"からインスピレーションを受けたっていう話とか、林英哲とのデュオの話とかやっぱり一線でずーっとやっている人なのでネタが尽きないという感じです。

この本にも出てきた矢野顕子の"青い山脈"を山下洋輔と村上ポンタのトリオでやっている奴( Welcome To My Lifeに入っている )は矢野顕子+ポンタがデュオで録音して、その上に山下洋輔が重ねたという話を聞いたことがあるんだけど、これ好きだったなー(っていうか今でも好き)